スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新月の日本のための祈り

 モナ・ポラッカさんに日本のことを尋ねよう思っていたら、龍村ゆかりさんの13人のグランマザーサポーターのグループ(「いのちの環」http://motherspirit.org)にモナさんから祈りの呼びかけのメッセージがきたので紹介したい。

 ホピ族は前回ご紹介したように、祈りの呼びかけの文書を発表した。

 *ホピ族から日本へ、世界へのメッセージの動画がyoutubeにありますのでご覧下さい。(日本語版)
http://www.youtube.com/watch?v=AnMcg14dTEE&feature=player_embedded#at=26
 それに呼応してモナさんは、霧島グランマザー会議に同行されたイマーニさん通じて、日本の人々、水、そして地球へ、愛を捧げる祈り合わせのお願いを伝えてこられた。

 以下長文であるが、そのメッセージを転載する(Ren Makinoさんが翻訳してくれました)。


 私たちは、霧島での13人のグランドマザー国際会議で出会い、私にとってこれを行うことはとても大切なことです。私のガイドは、私たちの意識を、私たちに、地球に、水に、そして火に、エネルギーをフォーカスし、きれいにし、落ち着かせ、清めるように伝えてくれました。地震と津波によって被災し、犠牲となった方々へ恵みを祈るためです。

 4月3日午後9時(日本時間)、私たちの友と家族たちが、日本で祈ります。
アメリカでは、8am(EST)、7am(CST)、6am(CST)、5am(PST)です。
私は、この瞑想と内なる祈りの環に毎6時間、24時間参加する予定です。もし可能ならば一緒に参加してください。アメリカの国外にいる方は、リンク先で自分の時間帯を確認できます。

http://www.worldtimeserver.com/convert_time_in_JP.aspx
 新月と満月のときは、祈りで繫がるのに大変強く、良いときです。多くの惑星が火のサインである牡羊座にあり(*訳者注 よく分からなかったです)、母なる地球と、日本の姉妹たち(*訳者注
sis-“stars”で、姉妹と星々をかけている)と兄弟達が、私たちをハーモニーの環に誘い、祝福と優しさの気持ちを捧げてくれるようお願いしています。

 育子、サンタ、ゆかりから、私たちのハ“アート”に、こういう風な感情と意志で祈ってくださいと頼まれています。
「大地を、愛と平和と感謝をもって安らかにしてあげてください」
「これ以上大きな地震や津波がありませんように」
「とてもセンシティブなときです、助けてください」
「英語ではなんと言うか分からないけれど、分かっている..繫がります」
「在絵さんのため、彼女のミッションのため、そして地震と津波で亡くなった方々のため祈ります」
*在絵は日本の会議で火の番を務めてくれた一人です。津波で犠牲となりました。

 イメージを共有しましょう
1)共に環にいる私たちをイメージしてください。ひとりひとりが創造者との繫がりを持ち、宇宙と繫がりを持ち、ひとりひとりが地球を世話するためにここにいる、という環です。
2)あなたの役割、そして皆が繫がっているということを認識しましょう。
愛のために、自分はここにいるのです。
3)虹の光と自分が繫がり、ひとりひとりがこの光と繫がっているのを感じましょう。
4)感謝と愛の心であなたのハ“アート”を光で満たし、大地に手をあて、母なる大地と水のスピリット(訳注 地震と津波で、大地と水。)が安らぐよう、祝福と祈りを捧げてください。できるだけ長く祈り、終わったら手足の指を小刻みに動かしてください。
5)祈りの環から出る前に、優しく、感謝の心をグラウンドさせ、自分の中心に感じて、表現してください。

 深い参加方法
惑星による引力(訳注 よく分からなかったです)は循環にあり、時々に起こるので、母なる地球が一回転する間に祈りを続けるのが一番良いようです。私は今回の瞑想と祈りに6時間毎に参加します。皆さんも可能なら同様に参加してください。癒しに捧げるための、自分の気持ち、考え、明察などを是非シェアしてください。日本にいる同胞たちとそれをシェアします。

 祈りの際に座れなければ、母なる地球と水のスピリットに捧げものを捧げるのがいいでしょう。特に、(個人的には)コーンミールやタバコや歌を捧げるのが良いようです。他にいかなる方法でも、優しさがこめられていれば是非してください。

 日本にいる家族、友人、仲間達を知る事ができたのは、13人のグランドマザー会議に私が参加したからでした。彼女達は、私に、立ち上がって、有言実行することを教えてくれました。私の大きな家族のメンバーたちは、謙虚な祈りのもと、私の助けをねがっています。それは私たちが繫がっているから…。ですから、私はあなた達に、あなたたちの助けをねがいます。私たちが繫がっているから..。この願いを聞いてくれてありがとう、愛と光に、感謝と平和の心に応じてくれてありがとう。

 自然のままに感じることをしてください。このお願いに心が同調しなければ、そのまま流してください。
スポンサーサイト

comment

Secret

ランキング
面白かったら1クリックお願いします
FC2ブログランキング
面白かったらクリックお願いします

FC2Blog Ranking

プロフィール

アートセラピスト 郡浜 浩

Author:アートセラピスト 郡浜 浩
 アートセラピストをやっている郡浜浩(コオリハマヒロシ)と申します。

 アートによる人と人の出会いと心の交流の場の創造をライフワークと考えており、その実現のためワークショップ・個人セッションを行うキャリアアート研究所を主宰しています。

ホームページ 
キャリアアート研究所

ブログ
創造性発揮を強力サポート! ~クリエイティブ・コネクション~



 出身は北海道の当麻町という田舎町で、自然の中で素朴な少年時代を過ごしました。大学卒業後は東京のお堅い政府機関でしばらくサラリーマンをやっていました。

 二十代の後半に人生を大きく変えることがありました。ゲシュタルトセラピーのリッキーさんの「喜びの創造セミナー」というアートセラピーのワークショップを受けたことです。いたく感銘を受け、「こういうことを一生やっていきたい」と思いました。

 それで語学やら貯金やら準備を進めて、三十代の半ばに意を決してサラリーマンをやめ、サンフランシスコにあるCIIS(カリフォルニア統合研究所)という大学院に留学し、表現アートセラピーという技法を学びました。

 4年間アメリカにいて、帰国後は精神科クリニックに勤めたりスクールカウンセラーをやりながらワークショップ開催などを行っていましたが、2010年に奈良に引っ越し、本格的にワークショップを展開すべくキャリアアート研究所を設立しました。

 一方で、CIISという学校がトランスパーソナル心理学の中心地で、その縁などからアメリカでシャーマニズムや少数民族の伝統文化の流れと出会いました。その流れを探求してきて、2010年10月には霧島で開催されたグランドマザー会議(先住民族のシャーマンのおばあちゃん達が地球の危機を克服するために集まったもの)に参加しました。

 アートセラピーとシャーマニズムって、深いところで繋がっていると実感しています。両方とも現代社会では周辺的な位置づけにあって、そんなに重視されていないかもしれませんが、私はこれからの世界的な危機を人類が生き抜いていく核心的な知恵がそこにあると思います。

 とまあ堅い話はそのくらいにしまして、私の趣味ですが、おいしいものを食べたり本を読んだりすることが好きです。あとお笑いとかたまにビデオを見たりとか、そんな感じです。
 
 どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。