スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分かち合いについて(2)

 現在日本は地震、津波、原発事故の三重苦に喘いでいる。

 原発の復旧はまったく見通しが立っておらず、環境、食糧、経済などあらゆる局面で日本は凄まじく厳しい時代に入った。

 今、本当に分かち合いが実行できるかどうかに日本の命運がかかっている。


 13人のグランマザーについて紹介した本に「世界を救う13人のおばあちゃんの言葉」(キャロル・シェーファー著)があるが、この本の中で先住民族の分かち合いについての美しい記述がある。

 先住民たちは互恵主義に基づく代表制により生活していました―持っているものはみんなで分け合い互いに面倒を見合うのです。

 自分のために貯め込む習慣がないので、誰ひとりとして飢える者はなくみんなが平等に利益を得ました。

 狩人が獲って来たきた食べ物は部族全員で分け合います。非常に腕のよい狩人がいたり、誰かがたまたまたくさん仕留めたりしたときも、自分のために必要以上の量を取っておくという概念はありません。

 代わりにその部族で名誉ある地位を与えられたのです。

 部族全体ならともかく、個人が食糧難に陥るという認識はないため、個人の所有物を過多に蓄積するという必要はありませんでした。

 自分が生きていくために必要な分量をちゃんと知っていたのです。

 分かち合い、譲ることで与えられるものの価値が増すことや、必要以上に何かを蓄積することは資源の流れを止めてしまうことを、ほとんどの人が知っていました。


 現代社会の問題の解決策がここに呈示されている。

 現代の価値観を信ずる者は、ここに記述されていることとまったく逆の行動をとるだろう。

 自分だけがお金を懐に入れられれば他の人はどうなっても構わないという行動や態度の集積が、今回起こった巨大な原発事故を生み出したとはいえまいか?

 みんなこのままでいいはずはないと思ってきた、けれど自分が可愛くて問題を野放しにしてきたところに天の鉄槌が下りてきた、と多くの人が感じているであろう。

 しかし天罰だとか考えても仕方がない。

 この状況はどうみても、われわれの気づきのための機会として与えられている。

 人間としてまともな生き方をしないととんでもないことが起こる、というメッセージだ。

 今からでもけっして遅くないはずだ。気づこうではないか。
スポンサーサイト

comment

Secret

ランキング
面白かったら1クリックお願いします
FC2ブログランキング
面白かったらクリックお願いします

FC2Blog Ranking

プロフィール

アートセラピスト 郡浜 浩

Author:アートセラピスト 郡浜 浩
 アートセラピストをやっている郡浜浩(コオリハマヒロシ)と申します。

 アートによる人と人の出会いと心の交流の場の創造をライフワークと考えており、その実現のためワークショップ・個人セッションを行うキャリアアート研究所を主宰しています。

ホームページ 
キャリアアート研究所

ブログ
創造性発揮を強力サポート! ~クリエイティブ・コネクション~



 出身は北海道の当麻町という田舎町で、自然の中で素朴な少年時代を過ごしました。大学卒業後は東京のお堅い政府機関でしばらくサラリーマンをやっていました。

 二十代の後半に人生を大きく変えることがありました。ゲシュタルトセラピーのリッキーさんの「喜びの創造セミナー」というアートセラピーのワークショップを受けたことです。いたく感銘を受け、「こういうことを一生やっていきたい」と思いました。

 それで語学やら貯金やら準備を進めて、三十代の半ばに意を決してサラリーマンをやめ、サンフランシスコにあるCIIS(カリフォルニア統合研究所)という大学院に留学し、表現アートセラピーという技法を学びました。

 4年間アメリカにいて、帰国後は精神科クリニックに勤めたりスクールカウンセラーをやりながらワークショップ開催などを行っていましたが、2010年に奈良に引っ越し、本格的にワークショップを展開すべくキャリアアート研究所を設立しました。

 一方で、CIISという学校がトランスパーソナル心理学の中心地で、その縁などからアメリカでシャーマニズムや少数民族の伝統文化の流れと出会いました。その流れを探求してきて、2010年10月には霧島で開催されたグランドマザー会議(先住民族のシャーマンのおばあちゃん達が地球の危機を克服するために集まったもの)に参加しました。

 アートセラピーとシャーマニズムって、深いところで繋がっていると実感しています。両方とも現代社会では周辺的な位置づけにあって、そんなに重視されていないかもしれませんが、私はこれからの世界的な危機を人類が生き抜いていく核心的な知恵がそこにあると思います。

 とまあ堅い話はそのくらいにしまして、私の趣味ですが、おいしいものを食べたり本を読んだりすることが好きです。あとお笑いとかたまにビデオを見たりとか、そんな感じです。
 
 どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。