スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルドルフ・シュタイナーと意識の進化(5)

 筆者は10数年前サンフランシスコに済んでいたとき、UCバークレーで行われたルドルフ・シュタイナーの人智学をテーマとした会議に参加したことがある。

 その中である参加者が人智学の研究者たちに向けて、次のような質問をした。

 「シュタイナーはさまざまなヴィジョンやメッセージを彼の見霊体験の中で受け取ったというが、はたしてそれらはどこまで真正なものなのか?人智学の修行を行っている人は、シュタイナーと同様の体験をしているのか?」

 これはきわめて当然の質問であろう。シュタイナーは本当に秘儀参入した見者なのか?彼の得たヴィジョンにはどこまで正当性があるのか?そしてもし正当だと人智学徒が主張するのであれば、その根拠は何か?

 このような疑問は、シュタイナーに限らずあらゆる神秘主義者に向けられうるものである。

 このことにシュタイナー自身は、「人間は本来真実を見極める能力を有している」と答えている。

 しかしそのためには真実をキャッチできるだけのアンテナを自分の中で育まねばならない、意志の力で見霊能力を磨いていかねばならないとしている。

 たとえば輪廻とかカルマについて、科学的に証明することはできない。誰も死んだ後のことは本当にはわからないのだから。

 誰かの生まれ変わりとしか考えられないような記憶を持つ子どもがいる、というような事例もあるが、それにしたって本当に人格そのものが転生したものかどうかはわからない。

 人格が転生したのではなく、なんらかの仕方で記憶だけが移転したのだという説明だって可能だからである(
そういうことが可能かどうかはまた別の問題だ)。

 シュタイナーは自分の霊的知覚能力を向上させることについて、何か超能力のようなものを身につけるということだけでなく、人生の荒波を経験することで霊的な事柄の真贋を見分ける力がついていくのだと考えていたようだ。

 多くの人は、他人にひどいことをすれば最終的にはそれは自分に返ってくるものだし、報酬の期待なしに他人のために何かすればそれもまた最終的には自分に返ってくることを体験的に知っているだろう。

 これは科学的に証明できる類のことではないが、長い人生体験を経てそう考えるのが妥当なことがわかるのである。

 最終的にある神秘思想家の言っていることが真実であると信じるどうかは、結局そこに信頼できる出会いがあるかどうかにかかっていると思う。

 どんなに立派に聞こえることを言っていても、その神秘思想家に関わっている人たちがおかしければ信じる気になれないのは当然である。

 筆者は高橋巌先生との出会いがあり、多くの霊的真実を学んだという実感がある。

 そのような実感を通してしか霊的真実というのは伝わり得ないのだと思う。

 語られる内容も大切だが、それ以上にバイブレーションによって伝わるものがあるのである。

 もちろん科学的態度で客観的事実を検証する態度も重要である。しかしそれだけでは伝わりきらない何かがあるのも事実だと思うのである。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 MIXI(ミクシィ)、Facebookページでコミュニティ「創造性の秘密を探求」を始めました。ぜひご参加ください。

MIXI: http://mixi.jp/view_community.pl?id=5678786

Facebookページ: 「創造性の秘密を探求」で検索し、Facebookページが出てきたら、右上の「イイネ!」ボタンをクリックしてくだい。

 みんなで楽しく意見交換をできるといいなと思います。よろしくお願いいたします。

 また、創造性開発について下記のメルマガを書いていますので、ぜひお読みください。

「創造性を最大限に発揮する方法」
http://melma.com/backnumber_190821/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
<キャリアアート研究所のイベントのお知らせ>

クリエイティブ・アート・ワークショップ
~高いバイブレーションにチューニングし、あなたの潜在的能力を開花させる!~1.内容 アート表現をつかったさまざまなワークを通して、
(1)日常の縛られた意識状態に気づき、高次のバイブレーションにチューニングしていく方法を学ぶ
(2)自分と他者の自己表現を味わい、日常と違う次元での深いコミュニケーションを体験する
(3)インナーチャイルドのトラウマを癒し、創造性を開花させる。

2.日時 2011年7月31日(日)

3.場所 オーラソーマ・サウンド・レゾナンス・アンド・レイキ・スクール
      (大阪市西区北堀江3丁目12-33 メゾン33ビル702号室)

4.ファシリテーター キャリアアート研究所 代表 郡浜 浩

5.参加費 10,000円 ※キャリアアート研究会員は10%割引になります。

 詳細はキャリアアート研究所ホームページをご覧ください。
 URL: http://careerart.net/workshop.html

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
スポンサーサイト

comment

Secret

ランキング
面白かったら1クリックお願いします
FC2ブログランキング
面白かったらクリックお願いします

FC2Blog Ranking

プロフィール

アートセラピスト 郡浜 浩

Author:アートセラピスト 郡浜 浩
 アートセラピストをやっている郡浜浩(コオリハマヒロシ)と申します。

 アートによる人と人の出会いと心の交流の場の創造をライフワークと考えており、その実現のためワークショップ・個人セッションを行うキャリアアート研究所を主宰しています。

ホームページ 
キャリアアート研究所

ブログ
創造性発揮を強力サポート! ~クリエイティブ・コネクション~



 出身は北海道の当麻町という田舎町で、自然の中で素朴な少年時代を過ごしました。大学卒業後は東京のお堅い政府機関でしばらくサラリーマンをやっていました。

 二十代の後半に人生を大きく変えることがありました。ゲシュタルトセラピーのリッキーさんの「喜びの創造セミナー」というアートセラピーのワークショップを受けたことです。いたく感銘を受け、「こういうことを一生やっていきたい」と思いました。

 それで語学やら貯金やら準備を進めて、三十代の半ばに意を決してサラリーマンをやめ、サンフランシスコにあるCIIS(カリフォルニア統合研究所)という大学院に留学し、表現アートセラピーという技法を学びました。

 4年間アメリカにいて、帰国後は精神科クリニックに勤めたりスクールカウンセラーをやりながらワークショップ開催などを行っていましたが、2010年に奈良に引っ越し、本格的にワークショップを展開すべくキャリアアート研究所を設立しました。

 一方で、CIISという学校がトランスパーソナル心理学の中心地で、その縁などからアメリカでシャーマニズムや少数民族の伝統文化の流れと出会いました。その流れを探求してきて、2010年10月には霧島で開催されたグランドマザー会議(先住民族のシャーマンのおばあちゃん達が地球の危機を克服するために集まったもの)に参加しました。

 アートセラピーとシャーマニズムって、深いところで繋がっていると実感しています。両方とも現代社会では周辺的な位置づけにあって、そんなに重視されていないかもしれませんが、私はこれからの世界的な危機を人類が生き抜いていく核心的な知恵がそこにあると思います。

 とまあ堅い話はそのくらいにしまして、私の趣味ですが、おいしいものを食べたり本を読んだりすることが好きです。あとお笑いとかたまにビデオを見たりとか、そんな感じです。
 
 どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。