スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チーフ・アーボル・ルッキングホースのメッセージ(3)

新しい時代の始まりを告げる白いバッファローの誕生について、北山耕平氏は「ホワイト・バッファローの教え」所収の「あなたの中のインディアンに」で次のように述べる(以下紫色の字は「ホワイト・バッファローの教え」よりの引用)。

 今回、ラコタのピース・チーフであり、第十九代の守り人として、彼らの最高の神器である「聖なるバッファローのパイプ」を守護しつづけるルッキング・ホース氏の『白いバッファローの教え』が日本語に翻訳されて刊行されるのは、まさしく「正しい時」と「正しい場所」を得たものといえるでしょう。

 この教えが、世に出る直接のきっかけは、本書にも書かれていますが、一九九四年の夏にアメリカ合衆国ウィスコンシン州のジェーンズビルにあるハイダー牧場で、全身が白い毛でおおわれたバッファローの赤ん坊が誕生したことによります。

 百年ほど前に、ラコタの偉大なチーフ・クレージー・ホースが「白いバッファローがいずれの日にか帰ってきたときに、われわれに残された白いバッファローの女の予言が成就する」とメッセージを残したこともあり、白いバッファローの赤ん坊の誕生は、ラコタのみならず、インターネットやテレビのニュースを通じて、またたくまに全米、そして世界各地のネイティブ・ピープルに広まりました。

 わたしもこのニュースをインターネットで知り、興奮したことを昨日のように思い出します。

 白いバッファローは大平原に暮らしてきたラコタ、クロウ、チペワなどのネイティブ・ピープルにとっては、最も神聖なものの象徴であり、吉兆であり、その誕生は彼らが長く待ち望んできた「地球がひとつになる新しい心の時代のはじまりを告げるもの」だったのです。


 白いバッファローの出現は、新時代の到来を意味する。それはこれまでの恐怖と搾取の時代から、愛と調和の時代への転換である。

 このことを信じるかどうかは、われわれ一人ひとりの心の中でどこまで真実を感じられるかによるだろう。

 人類が変容の時代を迎えるという予言は数限りなくあるし、人類滅亡のシナリオもまた無数に語られている。

 筆者にはこの白いバッファローの出現による啓示は、特別意味深いものと感じられる。

 それは迫害されながらも厳しい自然と調和し、伝統を大切に守ってきた部族の言い伝えから来たものだからだ。
 
  われわれの最も深い望みは、安心したいということと、世界との一体感を感じたいということだろう。

 今の世の中の現実(のように見えるもの)を見るにつけ、恐怖と絶望ばかりが湧きおこってくる感情ではなかろうか?

 それは人が人をだまし、搾取・支配し、蔑むのを見るからであり、人が自然を破壊するのを見るからである。それは他者のみならず、自分もまた同様であることを見るからである。

 この破壊と破滅のサイクルは止められるというのが、チーフ・アーボル・ルッキングホースのメッセージだ。

 事態は絶望的なように見える。特に今年に入ってから日本を襲った恐怖の高まりは尋常でないレベルである。

 今こそが変わるべき時なのだ。これからさらに異常事態とも思えることが、世界中で起こるだろう。

 今回日本を襲った震災と原発事故の経済的インパクトだけでも、世界経済は大混乱状態となるだろう。

 この大惨事と混乱は、われわれの心が作り上げた幻想である。

 われわれの本質は愛と創造性であり、その存在は永遠である。これは古来から言われている真理なのだ。

 しかしあまりに厳しい現実(と見えるもの)を前に、思わず凡人であるわれわれは恐怖で立ちすくむ。

 そこでチーフ・アーボル・ルッキングホースが提唱するのが、平和のための祈りである。

 「聖なる輪の修復の予言」が達成された後、私は世界中のだれもが認める地球的な癒しの日が必要である、と確信しました。それは平和の名のもとにすべての人が癒され、ひとつにならねばならないことを伝えるための特別な日です。未来の世代の生命は、私たちにかかっています。

 こうして1996年、「World Peace & Prayer Day」が始まりました。この儀式では、参加者の信仰を問わず、皆が聖なる火を囲んで輪になることで精神的なエネルギーを創ります。祈りの言葉の後、私たちの祈りを運ぶタバコを参加者の一人ひとりが聖なる火に捧げます。


 平和を祈ることによって、高いバイブレーションにチューニングすること、これが祈りの意味である
スポンサーサイト

comment

Secret

ランキング
面白かったら1クリックお願いします
FC2ブログランキング
面白かったらクリックお願いします

FC2Blog Ranking

プロフィール

アートセラピスト 郡浜 浩

Author:アートセラピスト 郡浜 浩
 アートセラピストをやっている郡浜浩(コオリハマヒロシ)と申します。

 アートによる人と人の出会いと心の交流の場の創造をライフワークと考えており、その実現のためワークショップ・個人セッションを行うキャリアアート研究所を主宰しています。

ホームページ 
キャリアアート研究所

ブログ
創造性発揮を強力サポート! ~クリエイティブ・コネクション~



 出身は北海道の当麻町という田舎町で、自然の中で素朴な少年時代を過ごしました。大学卒業後は東京のお堅い政府機関でしばらくサラリーマンをやっていました。

 二十代の後半に人生を大きく変えることがありました。ゲシュタルトセラピーのリッキーさんの「喜びの創造セミナー」というアートセラピーのワークショップを受けたことです。いたく感銘を受け、「こういうことを一生やっていきたい」と思いました。

 それで語学やら貯金やら準備を進めて、三十代の半ばに意を決してサラリーマンをやめ、サンフランシスコにあるCIIS(カリフォルニア統合研究所)という大学院に留学し、表現アートセラピーという技法を学びました。

 4年間アメリカにいて、帰国後は精神科クリニックに勤めたりスクールカウンセラーをやりながらワークショップ開催などを行っていましたが、2010年に奈良に引っ越し、本格的にワークショップを展開すべくキャリアアート研究所を設立しました。

 一方で、CIISという学校がトランスパーソナル心理学の中心地で、その縁などからアメリカでシャーマニズムや少数民族の伝統文化の流れと出会いました。その流れを探求してきて、2010年10月には霧島で開催されたグランドマザー会議(先住民族のシャーマンのおばあちゃん達が地球の危機を克服するために集まったもの)に参加しました。

 アートセラピーとシャーマニズムって、深いところで繋がっていると実感しています。両方とも現代社会では周辺的な位置づけにあって、そんなに重視されていないかもしれませんが、私はこれからの世界的な危機を人類が生き抜いていく核心的な知恵がそこにあると思います。

 とまあ堅い話はそのくらいにしまして、私の趣味ですが、おいしいものを食べたり本を読んだりすることが好きです。あとお笑いとかたまにビデオを見たりとか、そんな感じです。
 
 どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。