スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岸田秀氏の唯幻論

 筆者が学生時代、もう三十年近く前になるが、岸田秀氏の「ものぐさ精神分析」シリーズにかぶれていた。

 岸田氏は自説を唯幻論と呼び、その名の通り「すべては幻想である」というのがその説のすべてである。

 「すべては幻想である」というのは「すべてはどうでもいい」と言い換えることもでき、実際岸田氏の口癖は「どうでもいい」とか「どうだっていい」だったと記憶している。

 岸田氏はルイス・ボルクの胎児化説やアドルフ・ポルトマンの生理的早産説などを統合したアルノルト・ゲーレンの「欠陥生物」論をうけて「人間は本能の壊れた動物である」ということが唯幻論の理論的なベースとなっている。

 すなわち人間は他の動物に比べて早産ともいえる状態で生まれ、非常に長い期間親の庇護を受けねばならない。

 他の動物は生まれてかなり早い段階で本能によって生き抜く能力を発揮するが、人間はあまりに長い期間親に依存しなければならないために、本能によって生きるというより親との関係がもとになった幻想を本能の代わりにして生きていかなければならなくなった、というのが骨子であったと思う。

 それで、ありとあらゆる思想、信念、信仰はこういう幼児期の親子関係がもとになった幻想であると岸田氏は切り捨てる。

 その語り口は爽快で破壊的なので、相当な人気を博していたと思う。

 インテリの人が好きそうな「現代思想」という雑誌でもメインの執筆者・対談者だった。

 今となっては、学問的にそう高い評価を受けているわけでもなさそうで、一時代の異端児的ヒーローだったという捉え方をされているようだ。

 岸田氏も認めているように「すべては幻想である」という主張は彼独自のものではなく、古来インドなどの哲学者によって主張されてきた。

 岸田氏は、それをフロイトやポルトマンの説によって説明したところが新しかったのである。

 今自分の周りで起こっていることが現実なのか幻想なのか、はっきり証明することは実はできない。

 であるからすべては幻想であるからどうでもいいことなのだという主張は、相当な説得力がある議論であり論理で間違いであると証明することはできない。

 けれども、若い時はその爽快なまでの破壊性に喝采したものだったが、今思うにやや味気ない主張であるように思うのである。

 それはたとえば、すべての物質はクオークとかエネルギーに還元されるといえばそうなのであるが、げんに世界は多様で豊かであり、一人の魅力的な人間を接した時そういう物理的事実はあまり意味をなさなくなるだろう。

 イデオロギーや宗教というのが歴史上は抑圧装置として作用してきたことが多く、それらは実は幻想なのだ、と指摘して破壊することは「王様は裸だ」という指摘の爽快さに通じるだろう。

 ただ人生には必ず痛みというものが伴い、唯幻論は部分的に抑圧から心を解放する場合には役立つ場合があるかもしれないが、それが痛みを脱していくための指針とはなりえないと思うのである。
スポンサーサイト
ランキング
面白かったら1クリックお願いします
FC2ブログランキング
面白かったらクリックお願いします

FC2Blog Ranking

プロフィール

アートセラピスト 郡浜 浩

Author:アートセラピスト 郡浜 浩
 アートセラピストをやっている郡浜浩(コオリハマヒロシ)と申します。

 アートによる人と人の出会いと心の交流の場の創造をライフワークと考えており、その実現のためワークショップ・個人セッションを行うキャリアアート研究所を主宰しています。

ホームページ 
キャリアアート研究所

ブログ
創造性発揮を強力サポート! ~クリエイティブ・コネクション~



 出身は北海道の当麻町という田舎町で、自然の中で素朴な少年時代を過ごしました。大学卒業後は東京のお堅い政府機関でしばらくサラリーマンをやっていました。

 二十代の後半に人生を大きく変えることがありました。ゲシュタルトセラピーのリッキーさんの「喜びの創造セミナー」というアートセラピーのワークショップを受けたことです。いたく感銘を受け、「こういうことを一生やっていきたい」と思いました。

 それで語学やら貯金やら準備を進めて、三十代の半ばに意を決してサラリーマンをやめ、サンフランシスコにあるCIIS(カリフォルニア統合研究所)という大学院に留学し、表現アートセラピーという技法を学びました。

 4年間アメリカにいて、帰国後は精神科クリニックに勤めたりスクールカウンセラーをやりながらワークショップ開催などを行っていましたが、2010年に奈良に引っ越し、本格的にワークショップを展開すべくキャリアアート研究所を設立しました。

 一方で、CIISという学校がトランスパーソナル心理学の中心地で、その縁などからアメリカでシャーマニズムや少数民族の伝統文化の流れと出会いました。その流れを探求してきて、2010年10月には霧島で開催されたグランドマザー会議(先住民族のシャーマンのおばあちゃん達が地球の危機を克服するために集まったもの)に参加しました。

 アートセラピーとシャーマニズムって、深いところで繋がっていると実感しています。両方とも現代社会では周辺的な位置づけにあって、そんなに重視されていないかもしれませんが、私はこれからの世界的な危機を人類が生き抜いていく核心的な知恵がそこにあると思います。

 とまあ堅い話はそのくらいにしまして、私の趣味ですが、おいしいものを食べたり本を読んだりすることが好きです。あとお笑いとかたまにビデオを見たりとか、そんな感じです。
 
 どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。